いつまでも愛され受け継がれていくジュエリーを・・・

オープン当初からの大事にしているコンセプトです。
母から娘へ娘からまたその娘へと代々受け継がれていくジュエリー。そしてそれは特別なものであり、数々の思い出と共に家族の歴史でもあるのです。長い間ジュエリーの作り手でもあり携わってきた黒岩昭子が、

クオリティー、技法、素晴らしいデザインなど、

心から感動できるジュエリーを皆様に紹介しております。

素敵なジュエリーとの出会いはあなた自身が着けることで心が豊かになることでしょう。

Aki Jewelry's History アキジュエリーの歴史

Aki-Jewelryは創業23年、東京郊外の青梅駅近くにオープンして7年、その後,東青梅駅近くに移り10年が経ちました。

35年前、オーナーの黒岩昭子はグラフィックデザイナーで活躍するご主人黒岩氏の

「彫金をしてみたら?」という言葉をきっかけに、彫金の世界にはまり15年黙々と技術を習得しました。

まだまだ日本では彫金をやることは珍しく参考になる資料は

全て海外や建築物の書からのもので、そのデザインの美しさに見入ったものでした。

オリジナルの作品が売れるようになりその頃「aki Jewelryアキジュエリー」というブランド名が生まれました。

また、第8回現代宝飾デザイン展(毎日新聞社)デザイン賞受賞、

現代宝飾デザイン展に入賞、デザイナーとしての最高の評価も受けました。

その後ジュエリーデザイナーの清田智誠氏との出会いにより、

その作品の繊細さ華麗さに感銘と衝撃を受け、作る側からアーティストを応援し、

それを紹介する販売の仕事を始めました。

幾多の苦労の末、1996年、今の駅近くの店舗にて本格的にジュエリーショップを始めました。

ジュエリーは人生にいろいろな型の素晴らしいドラマを作ります。

そのドラマはお客様との心の触れ合いから、またお客様とジュエリーの出会いから、お客様の生き方の変化からも生まれます。

お客様との素敵なドラマ作りをAki-Jewelryは心から願っております。

Owner's Plofile オーナー紹介

黒岩 昭子 Akiko Kuroiwa

黒岩 昭子 Akiko Kuroiwa

宝石を販売して31年になりました。ジュエリーを作ることから初めて長い間この仕事にかかわってきました。

最近感じたことは将来にわたって受け継がれていくことです。

ジュエリーは大切に、大切に特別なものとして扱われてきます。

いまさらではないですが、年を得てから特に狙われています…それほど、夢があるものなんですね。

お店はお洋服・小物・靴なども、イタリア・フランスから直輸入しております。

お好みのものが見つかるかもしれません。お問い合わせ下さい。

経歴

1968年 彫金の開始
1983年 Aki-Jewelryブランドスタート 販売の開始
1988年 デザイン賞受賞 店舗オープン

Staff Plofile スタッフ紹介

クリエイター 黒岩 智実 Tomomi Kuroiwa

クリエイター 黒岩 智実 Tomomi Kuroiwa

宝石の魅力を十分引き立つように心がけて、ひとつひとつ丁寧に作っています。お客様の大切なジュエリーを長くいつまでも快適にお使い頂けるようにできる限りお応えしたいと考えております。

Jewelry

  • Italy イタリアンジュエリー
  • Select その他のセレクトジュエリー

Fashion

  • Wear ヨーロッパ製セレクトウェア
  • Goods 靴・バッグ・小物